ソリューション概要

Guidance SoftwareはEnCase eDiscovery、EnCase Cybersecurity、EnCase Analyticsなど市場を牽引する製品のプロバイダです。これらの製品を使用することで企業は、訴訟における開示要請への対応、コンプライアンス目的での機密データ検出、セキュリティインシデントへの迅速で徹底的な対応、そして以前は見つけられなかったAPT(Advanced Persistent Threat)攻撃や内部関係者の悪意ある行為の検出などを行うことができます。

 

より強力な情報セキュリティ、効果的なプライバシー保護、迅速なデータ開示

EnCase AnalyticsとEnCase Cybersecurityは、情報セキュリティにおけるベストプラクティスの導入または改善をサポートします。個別の電子機器向けのEnCase® Forensicとネットワーク向けのEnCase® Enterpriseによって、他のデジタルフォレンジック製品と比べより多くのデータをより迅速にフォレンジック調査向けに処理でき、同時に個人のデータに対するプライバシーの権利を保護することができます。

サイバー攻撃への備えを確実にして、機密情報の損失を防止

EnCase Analyticsはインタラクティブなビジュアルインターフェイスでエンドポイントのリスクの全体像を表示し、他の警告システムでは見逃すような見つけにくい脅威や疑わしい行為について可能な限り早期に警告を行います。EnCase Cybersecurityと組み合わせると、インシデント対応と機密データ検出を強化することができ、サイバー攻撃に対する防御へのより包括的なアプローチが可能になります。次のことが容易に行えるようにになります。

  • エンドポイントのインシデントへの対応
  • 機密データ損失に対する防御
  • SIEMおよび警告技術との統合により、インシデント対応プロセスの主な手順を自動化
  • マルウェアやマルウェアのアーティファクトの削除と、許可されない場所からの機密データのワイプ

エンドポイント分析によるセキュリティインテリジェンス

EnCase® Analyticsはエンドポイントのすべてのデータから抽出した詳細情報を使用し、検出をすり抜けるリスクや脅威を明らかにすることで、より高度なセキュリティインテリジェンスを提供します。インタラクティブなビジュアルインターフェイスによってエンドポイントのリスクをハイレベルなビューで表示できるため、エンドポイントをビッグデータ分析のソースとしてシステムの異常行動を検出し、侵入の兆候を迅速に明らかにすることができます。

EnCaseによって次のことが可能になります。

  • データプライバシーの権限によって定義・管理が可能なプロセスをサポート
  • 規制要件へ効率的、かつ正確に対応
  • プライバシーやその他の法規制に関するベストプラクティスを確立し厳密に遵守
  • データの検索が行われる対象のユーザーに対して、近々検索が行われることを事前に通知
  • 法規制へのコンプライアンス遵守の状況を証明

詳細については地域のソリューションチームにお問い合わせください。

150-0002 東京都渋谷区渋谷
1-10-4 メゾン・ド・ユー#3a


Guidance Software Japan
Shibuya 1-10-4 Maison d’U #3A
Shibuya-ku, Tokyo 150-0002

関連資料


Call Sales

Need help immediately?
Call us at (844) 576-9354, or submit this form: